伯父さんフランシス子

 最近書き込みがあるタイトルの方は言わずと知れた兄です。
名前の通りサンフランシスコの人(アメリカ人)ですが、吉田戦車のまんがのように
眼が青くなったり鼻が高くなったりはしていませんけどね(笑)

昨日は四谷でヘアカットをふたりでしたのちに、お台場を経由し汐留のホテルに迎えに行きました。

f0081619_052177.jpg

20年以上髪切ってもらっている木下さんところにも連れて行けました。


f0081619_041371.jpg

(前オーナーのコグちゃんに電話して聞いてリクライニングができたベビーカーの巻)




お台場を出るときにブリブリカーニバルがはじまり、汐留のホテルの前では

「姉さん、事件です!」

前代未聞の大カーニバル!最近はおしりふき1枚で拭けるくらい要領もよくなっていたのですが、全然太刀打ちできないくらいでした。いや〜大変でした。

そのまま兄もとい伯父さんを乗せて自宅まで。
これがすごく時間が掛かって大変でした。大人が疲れ果てたから子供はもっと大変だったと思う。

 うちについて初めて伯父さんフランシス子の腕の中に。
f0081619_0462473.jpg


お祝いにこちらを頂きました。
f0081619_0475690.jpg


ベビービョルン ベビーキャリア シナジーです。翌日に試しましたが、本人も満足そうです(笑)

家への到着も遅くなり、帰りも終電を外してしまうリスクも背負って帰ってもらいました。
慌ただしくて申し訳なかったけれど、会いに来てくれて嬉しかったです。
[PR]
by rarirurayban2 | 2011-09-04 00:53 | 育児育自 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://reichin2.exblog.jp/tb/16506595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えびたろう at 2011-09-05 16:08 x
ベビーカーが横になってて一安心です(笑)。
ベビービョルン、生後2月から1歳すぎまでたいへんお世話になりました。これがなかったら私はきっとどこへ行くのもバッテンおんぶひもだったか、アシュラマンに進化するしかなかったかも…
Commented by rarirurayban2 at 2011-09-08 19:35
ご心配かけました(汗)
毎日ちょっとずつベビービョルンに慣れてもらっています。確かに肩も腰も楽ですね。
いっそのことアシュラマンになってしまったほうが楽ですね!
<< 成長 頂き物 >>