3ヶ月検診

 11月1日は三ヶ月検診でした。






f0081619_1525323.jpg



BCGに続き、市の施設に。周りはみんな三ヶ月ですからね。キョロキョロしちゃいました。

そのなかでも髪の毛はトップ3に入ったなと思いました。うちだとデカいなぁ〜と思うけれど、意外に普通でした(笑)

診察そのものは、イクメンについて語られ、あまりしっかりと診てもらった感じはしなかったのですが、まぁプロからみたら不安点がないのでしょう。きっと。もうちょっと診て欲しかったんですけどね。
[PR]
by rarirurayban2 | 2011-11-01 15:30 | 育児育自 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://reichin2.exblog.jp/tb/16848515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えびたろう at 2011-11-22 02:17 x
自治体の検診はこちらは4ヶ月でした。
医師の診断、うちの子供はサーモンパッチがあったものですから、この際きいとこうと思ったのですがたまたまかかりつけのお医者さんが当番で来ていて、別件で「心配ない」と教えてもらっていたのに同じことを問診表に書いてしまっていたので少し気まずかったのを思い出しました。今は消えたので実際「心配ない」だったんですけどね。個人差の閾値が広い時期ですので、特に指摘がなければ安心の証拠なのですね。疑問点を紙に書いて見てもらいましたがそれもいい思い出です。「置くと泣くのですが、どこか悪いのでしょうか」とか書きましたもの(笑)。

うちはちょうど新型インフルエンザのパンデミック時期の子供でしたので極力人前には出さずの引きこもり育児でしたから、同じ月齢の子供と会ったのが初めてで新鮮で楽しかったです。
Commented by rarirurayban2 at 2011-11-24 00:17
自治体によってサイクルが違うんですね!しらなかった〜
うちは掛かりつけも一度しかいっていないので、そういった懸念はありませんでしたが、そのシーンはバツが悪そうですね(^^;

育児の閾値は夫婦でも違いますよね。ワタクシは割と楽観的で、オヨメは意外にも心配性。
でも、お互いの閾値に対して干渉をしないようにしているので、気になりません。大切にしているのは変わりませんからね。

うちは多数の育児書に反するくらい外出をする子だと思います。最近は重くて大変です。
<< 毎年恒例航空祭 ろひーのプラグ交換 >>